動物病院 開業考 30

動物病院 開業 移転 改修 増改築 建築と設計、見積と施工のポイント

動物病院開業考 VOL30







診察室モニターコンセント 2017年8月12日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
動物病院の設計を始めた頃は診察室や手術室には必ずシャウカステンがありました。蛍光灯を内蔵した乳白のガラス板の上にレントゲン写真を挟み込んで体内の様子を精査するシャウカステンは病院という場所を実感する医療機器のひとつでした。
現在、診察室にはシャープなエッジで仕上られた薄いモニターが壁に掛けられています。CRやDRとLAN配線で繋がるモニターにはX線画像や顕微鏡画像が転送され、診療説明の視覚ツールの一つであると同時に診察室内装を引き締める医療アイテムとしても機能しています。
病状説明の際にお客様から見やすい位置にモニターは取り付けますが、、使用しない時には診察室の壁に気にならず邪魔にならない位置にあるのが理想です。壁面に目立たず、さり気なく、欲を言えばすっきりと掛けられたモニターにするには、モニター用のコンセントやLANの配線は目に触れないように心掛けます。コンセントやLANジャックはモニター裏に隠れる位置に配し、尚且つモニター中心位置よりお客様が立つ位置と反対側(普段先生方が立つ位置側)に取り付けると配線が気にならずにすっきりと納まります。
岐阜市 動物病院診察室
はづき動物病院 診察室





すごく遠いと思っていたが・・・ 2017年8月8日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
九州・沖縄や四国、中国・山陰での設計監理依頼が一年に複数件あります。2017年は10棟前後の動物病院を同地域で設計監理しています。
東京から九州・沖縄の利便性は高く、スカイマークエアラインが通る沖縄・福岡・鹿児島は利便性に加えて交通運賃も一回の往復2万円前後とリーズナブルな価格です。テナント動物病院では5~6回程度、戸建動物病院では10~15回程度の現場監理に行きますが沖縄や福岡・鹿児島の現場監理交通費はテナント動物病院で10万円程度、戸建動物病院でも30万円程度です。飛行機の便数も充実していますから昼過ぎに工事現場に到着し3時間程度の打ち合わせと現場監理を行い夕方の飛行機で東京に戻れ、日帰りで現場監理ができます。当事務所は東京都内にありますが、千葉の外房や神奈川の藤沢市以西、埼玉の大宮の北側方面の現場監理に行くよりも沖縄や福岡・鹿児島での現場打ち合わせのほうが軽快に動ける状況です。
東京をハブに日本中に移動できることは設計事務所のオペレーションにとって大事なことです。通信革命で誰とでも容易に大量の情報交換が可能になり、コミュニケーション距離が凝縮され、交通インフラの充実で移動時間が短縮され、交通手段の多様化で移動コストが縮減されて日本中の様々なサービスをその場に居ながらにして手配し享受できる状況になりつつあります。
遠隔地で動物病院のリセットを考えられている先生方にとっても東京の動物病院設計に依頼可能な状況が既に開けている状況ですから、ご利用をお待ちしております。
田口動物病院 MRI室
MRI室
設計監理:コモダアトリエ





CT/MRIと建物構造 2017年8月7日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
テナントでも新築でもCTやMRIの導入を検討する動物病院になると建物構造の検討を要します。医療機器の中でもCTやMRIは重量があり、巨大な加重が集中します。CTはガントリー下部に2t以上の荷重が掛かり、MRIは6~8t程度の荷重が掛かります。
通常の鉄筋コンクリート造、重量鉄骨造の事務所ビルの床耐荷重は2900N/㎡(約300kg/㎡)ですからCTのガントリーを直接床に置いた場合2㎡足らずの場所に2tの荷重が掛かることになり理論上は床が抜けます。
テナントの場合は建物構造の調査と床耐荷重の検討、CTやMRI設置場所の荷重を分散させる方法の検討と梁補強等の十分な検討を要します。CTやMRIの将来導入を検討する場合も設置場所の床耐荷重の検討と将来の改修や増床の場合に備えて建物の何処にでもCTやMRIが移動可能な構造検討を要します。
補足的に申し上げておきますが住宅並みの構造強度程度しか有しない住宅メーカーが提供する軽量鉄骨造の建物ではCTやMRI導入の動物病院として建築構造上、機能しません。また、将来の平面計画の変更や増床等にもまったく対応できませんから、動物病院の将来を見据えて建築を計画する場合は、軽量鉄骨造建物は選択に値しないことも頭に入れておいたほうが良かろうと思います。
高橋動物病院 CT室
高橋動物病院/CT室
設計監理:アークビジョン





群れず靡かず傅かず(ムレズナビカズカシズカズ) 2017年8月5日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
個人で設計事務所を始めた頃より群れず靡かず傅かずは事務所の基本方針です。設計事務所内では複数の建築士が協働していますが、基本的には群れずに個々の力を最大限に発揮し一個の設計事務所として発信を続ける姿勢です。大組織や大手資本に、下請け仕事や儲け仕事に、金銭欲や物欲に、長いものや親方日の丸に、多くの誘惑に靡かない姿勢を堅持し、エンドユーザーと直接交渉を行う立場を探し続けています。設計活動は独立した立場でこそ職能が発揮できます。お上に阿らず(おもねらず)野に立ち続けてこそ建築士の職能を全うできるものと思います。傅かずとは設計者の理想的な立ち位置です。
“群れず靡かず傅かず”は設計事務所として肝に銘じている言葉です。
ACプランとして活動する動物病院設計組織も同様に“群れず靡かず傅かず”を旨としています。ACプランは複数の設計事務所の共同体です。各々の事務所が動物病院設計に対して真摯に向かい合いクライアントの要望を具現化し動物病院としての機能を高める方法を模索しています。共同体として動物病院設計という一つの建築機能に特化することで建築や設備技術を試行向上し改良を繰り返し、動物病院建築の高みを目指し、底上げを図っています。
パピークラス
のぐち動物病院
躾教室





トリミング室の給排気 2017年8月2日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
一般的に換気扇は天井か壁の高い位置につきます。換気扇は室内空気を排出する機械ですから排出する空気と同量の空気を引き込む場所が無ければ室内空気は循環しません。天井や壁の高い位置についた換気扇で室内の空気を効率良く循環するには、壁の下側や床近くに給気口を設けます。部屋全体に空気が流れるように給気口と排気口を設けるのは換気計画の基本です。
動物を診療する動物病院内には動物の毛が大量に舞います。とりわけトリミング室は動物の毛の中で日々作業を行う過酷な環境の部屋です。一般的な部屋と同様に、トリミング室の給気と換気を部屋の下側から給気して天井側から排気する方法を取ると室内の空気は足元から天井方向に流れます。室内空気の流れに同調して動物の毛も動くので足元から天井方向に毛が舞い、空気の流れから外れた毛は天井付近から重力に従い床に落ちてきます。床に落ちた毛は移動して再び下から上への空気の循環に乗り浮き上がります。毛が舞い、毛が降り、再び毛が舞うトリミング室の環境を少しでも好転できればトリマーの方々の仕事の効率も上がるのではなかろうかと日々思っています。
大量の毛が舞い毛が降るトリミング室の給気口は天井や壁の高い位置に取り付け、排気口である換気扇は壁の下の床に近い位置に設ければ部屋全体の空気の流れも天井から床方向に流れ、空気の流れに準じて毛の流れも上から下方向になります。毛の乱舞で視界が霞むトリミング室よりも毛の乱舞が少なく視界も良好なトリミング室のほうが働く人も預ける人も嬉しいトリミング室であろうと設計者は考えています。
トリミング室
のぐち動物病院





カルテ棚の造作 2017年8月1日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
動物病院の受付にはカルテ棚があります。近年では電子カルテの導入でカルテ棚が不要の動物病院もありますが、現状ではカルテ棚を設ける動物病院が多数を占めます。カルテ棚を受付に置くのも受付近くの部屋に置くのも使い勝手次第で問題なく、設計をする側としては現状のカルテ数と将来を見越したカルテ数情報が知りたいこと、カルテ収納が縦置きか横置きのいずれを採用するかを教えていただければある程度卒なく受付廻りの設計は進められます。
カルテ棚はカルテ数が増減するので棚板は可動にして多目的対応が出来るようにつくります。受付廻りで使用する小物や文房具置場、お客様から頂く品を飾る場所、販促品を一時的に置く場所としての使用は考えておかなければならない場所です。
カルテ棚として使用する際にはカルテの重量に耐え得る頑丈な棚板でなければなりません。カルテ一枚は薄い紙ですがカルテが何枚も凝縮されると相応の重量になり薄い棚板では支えきれずに棚板が撓んでしまいます。撓んだ棚板を目にするとお金に行き詰った動物病院という印象をお客様に与えてしまう可能性も無きにしも非ず、受付廻りや待合室廻りは細部に渡ってしっかりとした手入れが行き届いた空間であるべきです。
有効横幅寸法が広すぎる棚はカルテ収納としては使い難いので一つのボックスの横幅は300mm前後が使い易いようです。有効横幅が狭すぎるとカルテ棚以外に使用する場合に支障を来たします。また、可動棚を支える金具は棚板横面と面一に納め、側板に凹凸が無い様に納め可動棚板と側板間も可能な限り隙間が無いように納めておくとカルテ棚としての使い手は良くなります。
のぐち動物病院 待合室
受付カウンター
のぐち動物病院





建築依頼と設計依頼の差 2017年7月28日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
設計と施工(建築)のまるごと依頼と設計を依頼してから施工(建築)を依頼するのは、まったく別の行為であることを依頼する側のクライアントは気づいていないであろうと思います。
設計事務所の考え方は建築の根本である設計があり設計が決まってから施工業者を選定する、設計が決まってから建築を依頼する、すなわち設計が決まってから決まった設計に相性の良い建築会社を決めるのがものの順序であると考えています。
建築会社の考え方は、設計は建築に付随するものであり、キャラメルを買うと漏れなく付いてくる『おまけ』程度が設計です。不動産業者の考え方も土地と建物にしょうがなく付いて来るお荷物程度が設計と考えています。『おまけ』や『お荷物』には商品価値はないので『おまけ』や『お荷物』で費用の請求はできません。建築会社や不動産業者が提示する設計料は『おまけ』や『お荷物』に準じた安値が付いていて当然です。建築や土地に付随する設計ですから、建築や土地の優先順位が高く設計の優先順位は建築や土地の次になります。加えて建築や土地は建築会社や不動産業者に大きな利益をもたらしますが設計から利益は望めません。銭集めを中心に建築や土地を考える人にとって設計は瑣末業務に過ぎません。
住宅産業や住宅メーカーの考え方に設計と言う発想は影の薄い存在です。設計などあろうがなかろうが彼らは建物をつくることができます。プレファブとプロトタイプ化と工業化とコストカットに能力を注ぎ、営業と宣伝にコストを注ぎ込んで商品としての“建築”を売るのが彼らのビジネスモデルです。
設計を依頼するには設計事務所に依頼するしか場所も方法もないにも関わらず、世の中は設計が出来ないシステムを持っている会社に設計を依頼するという大変滑稽な状況に陥っています。このような非常に滑稽な状況はいつまで続くものやら、面白くも可笑しな、少々物悲しく不憫なお話でした。
のぐち動物病院 松阪市
のぐち動物病院





分院展開-2 2017年7月25日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
分院展開をする前に動物病院として考え実行しなければならないことは動物の地域医療を支えるための分院づくりと共に分院を担う獣医師と地域の動物医療を担う獣医師として診療行為を継続する意志を共有することでしょう。数年毎に分院の先生が入れ替わるような動物病院をお客様は選びません。
どのような職業でも共通のことが言えると思いますが、ハード面を構築する前にソフト面を充実しなければ物事は動いていかないものです。獣医療が技術向上だけでは成り立たないことを開業する獣医師であれば誰もが気づいていることです。分院を任せられる獣医師を育てる時間を怠って分院の数ばかり増やしたところで得るものは少なく、失うもののほうが大きくなります。
客寄せのための風変わりな病院をつくろうが派手な看板やイメージ戦略をたて最新のショップデザインの動物病院をつくろうが短期的な誘客効果はほんの少々は期待できるかも知れませんが長期的にはお客様からの信頼を得られず、地域に根差した動物病院にも成り得ません。
分院展開の根幹は獣医療を担う質の高い人材を育てるところから始めなければなりません。当然、時間も経費も必要になりますが、順序立てて物事を進める忍耐力と行動力が要求されることは想像に難くないと思います。
受付カウンター
たぐち動物病院
設計監理:コモダアトリエ





分院展開-1 2017年7月24日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
動物病院の分院展開を視野に入れる際に考えなければならないことは数多くあります。動物病院の数が不足する時代に分院展開した動物病院は、分院を増やす毎に新規顧客が集められましたが、小動物臨床の獣医師が増え動物病院の密度が高くなってくると顧客獲得は思うように進んでいないのが現状です。既に分院展開やチェーン展開している動物病院もありますが、既存のコンビニやファストフードビジネスを参考にビジネスモデルを構築した程度の分院展開やフランチャイズ展開で動物病院分院の集客が出来、本院を含めた企業全体の集客に功を奏し収益が上がることは考えにくい状況です。
動物病院を利用するお客様は大事なペットを親身になって診てくれる先生を求めています。ペットを診るのみならずペットが長く家族の一員として健康に生活を続けていく方法の相談相手であり、言い難い悩みを吐露する相手でもあります。近隣の動物病院に相性が良く信頼できる先生が居れば、その動物病院に通うようになりますが、先生が居なくなれば、他の病院を選ぶ確率が高くなります。お客様が求めているのは理解を深め合える先生とペットを長く継続して診てもらえる環境です。お客様は通う動物病院を決めているのではなく、ペットを継続して診てもらえる先生を常に探しています。
たぐち動物病院 待合上部吹き抜け
たぐち動物病院
設計監理:コモダアトリエ





テナント動物病院工事着工 2017年7月22日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
2017年7月7日、奈良県香芝市にてテナント動物病院工事に着手しました。JR和歌山線香芝駅と近鉄大阪線近鉄下田駅から徒歩3分程の場所です。9月初旬には開業予定です。
新宿区早稲田の事務所から地下鉄東西線にて東京駅に向かいます。東西線の大手町駅から東海道新幹線のホームまでは徒歩10分程度、新幹線のぞみに乗り2.5時間程度で新大阪駅に到着します。新大阪駅から大阪駅にJRを乗り継ぎ、大阪駅にてJR大和路線に乗り換え王寺駅まで大阪繁華街から環状線を経て奈良方面に近づくと大和川に沿って辺りは草深くなっていきます。王寺駅にて乗り継ぎ列車をのんびりと時間を忘れて待つうちに乗り換え列車がゆるりと王寺駅ホームに入ります。利用客は然程多くないJR和歌山線の席に腰掛け、数駅で香芝駅に到着します。香芝駅より徒歩3分程度でエース動物病院の現場に着きます。全工程は4時間30分程度の行程です。
7~8月は週に一度のペースで、香芝の現場に通います。
奈良県香芝市 エース動物病院地図
エース動物病院
奈良県香芝市





クライアントの重層構造 2017年7月19日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
建築設計者はクライアントに寄り添い設計を進めます。クライアントとは建物の発注者であり、動物病院の場合は開業する獣医師の先生になります。設計者は開業する獣医師の先生の希望と要望を受け、クライアントの意見を設計に反映させながら建築を構築する方法を提案し、クライアントに寄り添い建築計画を遂行する立場にいます。
動物病院を主体的に使うのは医療サービスを提供する側(開業する獣医師や動物病院で働く人)になりますが、もう一方、動物病院に来院するペットの飼い主も動物病院を利用します。動物病院は開業後、近隣のお客様に主体的かつ能動的に使われることが用途上不可欠で、開業獣医師の建築設計への希望や要望の少なくない部分も開業後のお客様への配慮と気遣いに向けられています。設計者のクライアントである開業獣医師は開業後、動物病院に来院するペットの飼い主であるお客様をクライアントとして動物病院の継続を図ります。
設計者は直接のクライアントである獣医師の要望に寄り添い設計を進めますが、直接のクライアントの背後には動物病院のクライアントであるお客様の存在があり、動物病院を利用するお客様は将来利用しようとする動物病院(計画の設計段階では動物病院を利用するお客様は特定されていません)に対して潜在的な希望や要望、意見を持っています。
クライアントの要望に応え、クライアントのバックグラウンドとなる動物病院を利用するお客様の要望を汲み取り動物病院の設計を進める視野を持ち、開業後のお客様の潜在要望を設計時に現前化しながら建築計画をコントロールする柔軟な思考も動物病院設計をする設計者には求められます。
あめり動物病院
あめり動物病院
香川県丸亀市





福井現場 2017年7月14日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
福井県に動物病院を計画しています。東京から福井までは金沢廻りの北陸新幹線でも米原廻りの東海道新幹線でも移動時間は然程変わりません。しかし、東京から福井の往復料金よりも、東京〜米原〜福井〜金沢〜東京とひと回りするほうが料金は安くなります。反対廻り(東京〜金沢〜福井〜米原〜東京)でも同様です。どちら廻りにするかは、気分次第ですが、打ち合わせ帰りの土産物選定を思うと、行きは米原経由、帰りは金沢経由が北陸土産の選択肢は多く、金沢駅での夕食も出来ますので楽しみは増えます。
工事着工後は2週間に一度程度の現場監理が始まります。クライアントの想いを設計に反映し、設計の意図を現場に伝えるのも建築士の役割です。また、現場での進捗と修正要望をクライアントに伝えるのも建築士の役割になります。
現場監督をはじめ、大工、水道業者、電気設備業者、サッシ業者、建具業者、家具業者、板金業者、塗装業者、内装業者、医療機器業者等と設計の目的と仕上の目標の刷り合わせを現場で何度も確認しながら工事現場は進んでいきます。2017年12月には新しい動物病院が完成する予定です。
動物病院外観パース
東側外観パース
いなば動物病院





動く地面の上に建てられる建物 2017年7月13日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
建物は地面の上に建っています。地面の上に建物を固定するために基礎をつくります。基礎は建物と地面をつなぐ部材であり、建物の重量(荷重)を地面に均等に伝える役割も担っています。日本に限らず地球上のほとんどの建物が安定して滅多に動かないと想定される地面を拠り所としてつくられていますが、日本では定期的に拠り所となる地面が動きます。
動かないことを想定して地面上に建物をつくっているにも関わらず、動かない地面が動いては建物の根本が揺らぎます。昔の建物は地震で建物が倒壊しても地震後すぐに建てられる建物が主流でした。大地震に限らず災害に見舞われると壊れることを前提に建物はつくられており、住み手側も同じような考えを共有していたものと思います。
いつの頃から建物に対する住み手側の考え方が変化したのかは定かではありませんが、現在は大地震が起きても台風に遭遇しても豪雨に見舞われてもビクともしない建物をつくることができ、建物づくりとは自然を凌駕すべきものとでも勘違いしているような立ち位置で建築を発注する人が大勢を占めるようになってしまったようです。
壊れないようにつくるけれども壊れてしまったら作り直す建物を考え方の基本にすると現状社会では辻褄が合わない話や生業が立たない輩がウジャウジャ出てきます。銀行、保険、ローン会社、住宅メーカー、それらに関わる業態の人々が地震や災害で壊れる建物が当たり前になるとお手上げになってしまうでしょう。借金をして建物をつくる大前提が崩れてしまい、ローンの考え方も成り立たなくなります。
所詮人間のつくった幻想の上に諸々の制度を載せているに過ぎない社会ですから、幻想の根底への確信などは大したものではありません。壊れない建物などは存在せず、崩れない山はなく、溢れない川もなく、安全な場所は神話の世界にしかありません。人間が出来ることは壊れ難い建物をつくること、崩れにくい山を探すこと、溢れ難い川を探すこと程度で、自然と共生しながら自然の力を借りながら身の回りの手入れを続ける程度です。
安全神話とは村はずれの鎮守の森の社に大事に祭られている本尊を開けて見ると、他愛もないありふれた木片が入っていたのと変わりないようなものと個人的に思っています。
 大興寺 参道階段脇の楠木
67番札所 小松尾山 大興時
楠木





大阪動臨研 参加 2017年7月5日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
2017年11月17日(金)〜19日(日)、大阪市のグランキューブ大阪で動物臨床医学研究会(動臨研)が開催されます。
動物病院設計を専門にするACプランは今年も企業展示ブースを出します。今年は企業展示が多いせいか昨年までは3階大ホールでの出展でしたが5階の小さな会場での出展になります。少なからず都落ちの雰囲気が漂いますが、例年通り、ACプランの一級建築士フルメンバーで相談対応致します。動物病院の開業、増改築、改修、移転をお考えの皆様の疑問や悩みにも前のめりで臨む所存ですので、お気軽にお越しくださるよう、宜しくお願い致します。
福井県 移転動物病院
いなば動物病院





出来高払い 2017年7月4日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
建築工事の支払いは出来高払いが基本です。出来高払いとは建築工事の進捗に合わせて工事費用を支払う方法です。工事作業の30%が終了した時点で工事金額の30%を支払い60%終了時点で60%を支払い、建物が完成し引渡しを終えた時点で工事残金を支払う方法が出来高払いです。
しかしながら、工事契約を結んで工事着工から工事がある程度進むまでの間には当然ながら相応の費用が発生しますから、着工準備と工事当初の費用捻出のためにも建設会社は工事契約時に工事費用の一部を必要とします。現状では工事契約時に工事金額の20%程度、屋根や外壁廻りの防水完了時点で40%程度、その後の工事については出来高を明確にできる工事の区切りがないので引渡し時に最終金とするか、残金を分割するかは話し合いになります。
建築工事契約後、着工から建物引渡しに至るまでには相応の時間を要します。延床面積40坪程度の建物では4〜5ヶ月の工期が掛かります。工事契約時20%、建物上棟後外回りの防水工事完工時に40%、外部工事がほぼ終了し外部足場取り外し時期に60%、建物引渡し時に残金支払が建物の出来高払いにほぼ一致する施工費用の支払時期と考えてよいと思います。
町田市の動物病院
たかなし動物病院
設計監理:アークビジョン





交通費半額(期間・地域限定) 2017年7月3日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
期間及び地域限定の交通費半額キャンペーンのお知らせです。
下記に記す地域に限り、期間限定にて交通費半額でお伺いし、相談、調査、平面図提案、概算見積もり提案等致します。
ただしこのサービスは下記の地域と期間に限り、イトレス&ACD一級建築士のみが対応するサービスとなります。

交通費半額キャンペーン 
イトレス&ACD 建築設計事務所 動物病院設計サービス   
  地域  期間
  福井県・石川県  2017年7月~12月
  香川県・愛媛県・徳島県  2017年7月~8月
  大阪府・奈良県  2017年7月~8月
  青森県・岩手県・宮城県  2017年8月~2018年3月

町田市 たかなし動物病院
たかなし動物病院
設計監理:アークビジョン





動物病院開業 考30 2017年7月2日 ご意見・ご質問・要望をお寄せ下さい
2017年も半分が過ぎました。動物病院開業考は2011年に掲載開始しましたので掲載から7年になろうとしています。2003年にACプランとして初めての動物病院が竣工してから14年になります。14年で350棟超の動物病院計画に携わってきました。
今年は三重県や福井県、青森県に動物病院が竣工する予定です。広島県や高知県、熊本県や石川県でも計画進行中です。関東近辺でも移転動物病院や改修動物病院の計画があります。
動物病院設計を始めてから和歌山県、愛媛県、山形県からは未だに動物病院計画の問い合わせはありませんが、問い合わせの無い県にも動物病院を計画したいもの・・・と勝手な思いを巡らしています。
動物病院開業考も考30で一区切りつけようかとも考えております。しかし、考30が終盤に差し掛かる頃に気分も変わるかもしれませんので、その時はその時の気分で事の成り行きを考えることにしましょう。
オントネー湖
オントネー湖より阿寒岳を見る



掲載された写真は”ACプラン”動物病院設計にて設計監理した動物病院写真です。

動物病院
開業考
目次
動物病院
開業考
1
動物病院
開業考
2
動物病院
開業考
3
動物病院
開業考
4
動物病院
開業考
5
動物病院
開業考
6
動物病院
開業考
7
動物病院
開業考
8
動物病院
開業考
9
動物病院
開業考
10
動物病院
開業考
11~20
動物病院
開業考
11
動物病院
開業考
12
動物病院
開業考
13
動物病院
開業考
14
動物病院
開業考
15
動物病院
開業考
16
動物病院
開業考
17
動物病院
開業考
18
動物病院
開業考
19
動物病院
開業考
20
動物病院
開業考
21~
動物病院
開業考
21
動物病院
開業考
22
動物病院
開業考
23
動物病院
開業考
24
動物病院
開業考
25
動物病院
開業考
26
動物病院
開業考
27
動物病院
開業考
28
動物病院
開業考
29
動物病院
開業考
30


I TRES & ACD ARCHITECTS & PLANNERS
株式会社 イトレス & ACD 一級建築士事務所
〒162-0042 東京都新宿区早稲田町85-9 近藤ビル4F
TEL:03-6302-1546     FAX:03-6302-1547
e-mail

動物病院開業考 目次へ